タントからN-BOXに乗り換えた!比較するとココが違うよ

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

タント→タント→N-BOXと乗り換えましたが、タントとN-BOXは車選びでもよく比較されるみたいなので、両方乗った経験がある身として、個人的な感想を書きます。

外見

★タント

前回乗っていたのはノーマルタントのターボ。そのため、外見は普通のタントと変わりません。モデルチェンジして違和感を感じたのがテールランプです。ヨコ型からタテ型になりましたよね。ヨコ型のほうがかわいかったのに。

tanto-tail

★N-BOX

私が好みだったのはノーマルのN-BOXです。カスタムは、私の年代ではちょっとやりすぎ感を感じてしまいます。20代はカスタムを好むかな。

mboxc

特に、前からみたグリルの部分と、全体的な顔がごつい感じ。

後ろも、横に長く伸びたメッキの部分がなんとなく好みじゃないです^^;

nbox2

ノーマルのほうはタテに長い、3つに並んだテールが好きです。

nbox3

内装

★タント

一番の売りはピラーレスで前後のドアを開くと開放感があり、長い荷物も運べるのですごく便利。

さすがダイハツといった感じで内装ひとつひとつが高級感がある感じです。ギアを動かすときの感じや、フットブレーキの動き方が丁寧というか、なめらかというか。

シートはちょっとチープな感じがします。ホールド感はなく滑りやすい素材なので、後ろに座ってるとカーブの時とか滑りやすいです。

気になったのは、シート下のバネがギシギシいうことと、車全体がギシギシいうこと。この音は何回も直してもらったんですが、すぐに再発するので、最後は放置してました。いろんな音がします。

★N-BOX

ピラーレスではないですが、なければないで困ることはありません。

見た目は内装が豪華に見えますが、作りはチープな感じです。軽いというかなんというか。おもちゃみたいな感じといったところでしょうか。

シートは背中のところがちょっと出っ張っていて、腰痛持ちの人でも運転しやすいです。あとは、とにかく静かで速度感がありません。タントみたいなきしみ音はまったくありません。

そのため、スピード感覚が麻痺しやすく、気が付くと80キロのつもりが100キロだったなんてことがよくあるのでスピードの出しすぎには注意です。

オプションではありますが、装備品はたくさん便利なものがあります。うしろの座席の人が使えるテーブルがすごく気に入りました。ドリンクホルダーもそこにセットになってます。

装備

★タント

装備は最小限といった印象です。ノーマルだからかもしれませんが、タコメーターもありません。(ターボなのに)

アイドリングストップ、スマートアシストなどは標準装備。困らないぐらいの装備はあります。

★N-BOX

びっくりしたのが、軽自動車とは思えない装備でした。ターボの場合は、パドルシフト、ハンドルでのオーディオ操作もついてきます。

両側スライドにすると、強制的にバックカメラなどがついてくるようですごい金額にはなりましたが^^;

あとはオートクルーズコントロール、ドアミラーのウインカー、車を狭い道で横に寄せた時に使えるミラーなど、豪華装備が盛りだくさんです。おそらく、N-BOXが軽自動車の中ではナンバーワンじゃないでしょうか。

ガソリンタンクが大きいのはかなりお気に入り。スタンドにマメに行かなくてもしばらく走るので楽になりました。

走り

★タント

ターボが効いてくるスタートは遅め。回転数がある程度上がるとターボが効きはじめるので、信号待ちからのスタートはアクセルをけっこう踏みます。

ターボの効きはなめらかで、いつ効いてるのかな~というぐらい、穏やかに加速します。市街地をちょこちょこ走る分には何の不足もありません。

ただ、山の坂道を4人乗せて走ると、途端に重さを感じます。上り坂はベタ踏みでも苦しい感じがしました。

★N-BOX

ターボが効くのが早いです。タントに慣れてからN-BOXにすぐ乗るとホイルスピンします。それぐらい急激に効き始めます。

信号待ちからのスタートは、あまりアクセルを踏み込まなくてもすーっと加速していきます。ターボが効いてるのがわかりやすく、どっかんターボに近いので、最初はアクセルコントロールが難しいかもしれません。

慣れればとても軽快に走ってくれます。上り坂でもらくらく。ホンダのエンジンはトルクのほうに振っているため、同じ馬力でも走りが違うと営業マンの方が言ってました。さすがホンダですね。

気になったのは、パドルシフトでのシフトダウン。急に回転数が上がって「がーーー」とシフトダウンします。これは、パドルではなくシフトレバーで落とした時はこうなりません。これは、CVTというエンジンの特性から、そのように設定してあるので仕方ないということでした。

走りに関しては完全にN-BOXの勝ちだと思います。まったく重さを感じさせません。高速道路での加速もスムーズです。

乗り心地

★タント

ターボだと足は固めですが、とても乗りやすい車です。ただ、カーブを曲がるときは後ろに乗っている人は滑ってしまいます。

それと、きしみ音が色々なところからするので気になる人は気になるかもしれません。

★N-BOX

タントターボよりも足は固めというか、サスペンションよりもショックが硬いという印象を受けました。キシキシ音がまったくないのでとても静かです。

走っていて、外の音があまり聞こえてこないので静か。軽自動車とは思えない静かさで、速度感がわかりづらいので、スピードの出しすぎに気を付けたほうが良いと思います。

リアシートの扱いやすさ

★タント

最初は多少戸惑うことはありましたが、扱いやすいです。ただ、シートがちょっと重たいかなと思いました。

アルファードでぎゅうぎゅうだった長い机が、タントでは普通に積めたのがびっくり!ピラーレスの良いところでもありますね。

★N-BOX

こだわったというシートアレンジ。すごくわかりやすく、扱いが簡単です。

そのため、塾に子供が自転車で行って帰りが遅くなったり雨が振ったりしたときは自転車を積んで帰ってこれるぐらい。背が高いので普通に積めます。ただ固定用のフックや汚れ防止のシートは必須。できれば純正のもののほうがぴったりハマるので、ちょっと高いけど頻繁に使う人は純正を選んだほうが良いです。

車の大きさ

実際に並べて比べたのですが、N-BOXのほうが明らかに大きいです。室内空間もN-BOXのほうが天井が高い分、広いです。身長140cmぐらいまでは車の中で立っても天井に頭がつかないので、立ったまま着替えができます。

運転席の高さはN-BOXのほうが高いので視界が良いといえるでしょう。

気になるお値段

トータルの金額でいれば、同じ装備をつけるとしたらN-BOXのほうが多少高くなるかもしれません。値引率はほとんど変わらないですね。時期にもよりますが、数万円といったところです。

人気色

私はいつも、この色でかなり長い期間悩んでしまいます。

タントの人気色は黒、白。N-BOXの人気色も黒、白です。

変わった色が毎年出ますが、廃止される色もその分多いので、査定額までを気にするなら黒か白が間違いないそうです。色だけで数万円の差が出ますからね。

タントが特殊な色で、ディーラーではいまいちな額でしたが、一括見積もりサイトで初めて査定してもらったらディーラーよりも5万円も高い値段がでたので、即効で決めました。査定にだしたのは一括査定.comという一括査定サイトです。

ディーラーで査定のあと、地元の買取専門を何社かまわったのですが、何社も査定に持ってくのに疲れたので一括査定は楽でいいですね。次は最初から一括査定で頼むと思います。。

タントは2台とも、ちょっと変わった色を選んだのですが、N-BOXは白にしました。テール部分の縁がクリアになったので白でもかわいいなーと思ったので。

黒はピカピカだとカッコイイのですが、ちょっと汚れると途端に汚くなりますよね・・マメなタイプじゃないので、黒よりはきれいさを保てるであろう白を選びました。

・・・と、こんな感じです。N-BOXに乗り換えて大満足です。今度は1年で売るなんてことはないだろう。。と願いたい。フルモデルチェンジの時期が気になりますが^^;


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です