台湾っていいところ!

数年前に知り合いの台湾茶カフェのオーナーが新聞社の企画で茶畑と茶藝館を巡るツアーというのに参加したことがあります。台湾茶と言えば、梨山とか阿里山などまで行かないとないのかと思っていましたが、台北近郊にもあるんですね。
台湾の高級茶は高山茶を言われて、高地で栽培されています。

猫空(マオコン)という鉄観音茶の産地も高地にあり茶畑まではロープウェーで登りました。
そこには茶藝館もあり、台湾茶や茶葉を使った料理を満喫できます。
夜は台北に戻り、オーナーおススメの台湾料理を満喫しました。

台北市内の茶藝館やお茶屋さんを巡ったり、お茶尽くし旅でした。
中でも台北一の問屋街・迪化街は見るもの安くて見るものすべてがほしくなってしまい、ついついお買い物をしすぎてしまいました。
職場のお土産にはやはりパイナップルケーキを購入しました。

パイナップルケーキはお店によって味がまったく違います。
オーナーおススメの美味しいパイナップルケーキ(お店の名前は忘れてしまいました)を大人買いして帰国しました。
職場に配り、残りは冷凍しまいた。食べる時に常温で解凍すれば美味しく食べられます。

観光地巡りもいいのですが、2回目以降はお茶に特化した旅も楽しいものでした。

台湾にはいくつもの夜市が存在します。中でも規模が大きい士林夜市は、絶対に行ってほしいマストスポットです。観光客だけではなく、地元の方も大勢来る場所なのですごく賑わっています。士林夜市と言ったら有名なのが、巨大フライドチキンです。顔ぐらいありそうな大きなチキンをサクサクの衣で包んだフライドチキンは、美味しくて病みつきになる味です。本当にサイズが大きいので、二人や三人でシェアして食べるのがおススメです。

巨大フライドチキンのお店は、士林夜市の言わば入り口に位置しているので美味しいからと言って食べすぎには注意です。まだまだ中に美味しいグルメが待っています。
長い通りにたくさんの食べ歩きグルメがありますが、食事を楽しみたいという方には地下街がおススメです。ルーロー飯や炒め物がリーズナブルに楽しめます。小エビのフライやカキオムレツはお酒にも合うので、おつまみで困ることもありません。ちょっと洋風な食べ物も食べてみたいという方には、棺桶トーストがお勧めです。
食パンの中にシチューが入ったものを、油でカラッと揚げるという高カロリーメニューなのですが、これが何とも言えない美味しさなのです。サクサクのパンと、とろっとろのシチューに子供から大人まで思わず笑顔になってしまう程です。ちょっとした食べ歩きにも食事にも、是非一度は足を運んでほしい士林夜市です。

台湾といえばやっぱり九份ですよね。映画「千と千尋の神隠し」の舞台になったともいわれていて、日本人にも人気の高いスポットです。
九份には台北からバスで行くことができます。バスはトイレ休憩がないのに長時間走るので、トイレが近い人は注意が必要です。また、九份自体にもトイレは少ないです。公衆トイレが数箇所しかありませんし、日本に比べて汚いので潔癖な人は厳しいかなと思います。

九份はお茶がおいしいところです。有名な「阿国茶屋」は九?の名物で、台湾流のお茶を楽しむことができます。

九份に行くなら夜がおすすめです。なぜなら、九份の道には赤い提灯がずらっと吊り下げられていて、それが灯ると本当に幻想的な風景が見られるからです。ただ、帰りのバスには最終便があるのでそれをのがすとけっこう大変です。タクシーに乗るしかありません。タクシーは結構高いので、困ったときはそのへんの人と相談して相乗りするのもありだと思います。タクシーによってはサービスが悪いところもあるので気をつけてください。あと、九份までの道路は結構揺れますので、車酔いに弱い人は酔い止めを持っていったほうがいいです。台湾の九?はロマンチックてとてもステキなところなので、ぜひ楽しんでほしいです。
台湾でもスマホが大活躍でした。詳しくはこちらで→台湾でWi-Fiレンタルするならココがおすすめ!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です