家電とネットが連動!オムニ家電ってどんなの?

来年、オムニ家電が大ブレイクするといわれています。

オムニ家電というのは、パソコンやスマホなど、通信機器ではない「家電」がインターネットに接続されている家電のことを指します。

今、一番実用化が注目されているのが冷蔵庫です。「食」はどの人にとっても絶対に必要なものなので、一番利用される機会が多いであろうということ、常に電源が入っていることから、いろいろな活用法ができるため注目されています。

今、私は買い物に行くことはかなり少なくなりました。ネットスーパーで注文することが多いですね。クレジットカード決済ができるし、無駄な買い物を防ぐことができるのでかなり活用してます。

重い物、かさばるものは全てネットスーパーで頼んでいます。しょうゆ、サラダ油、みりん、酒、砂糖などはまとめ買い。ティッシュペーパーやトイレットペーパーもそうですね。

食料品だけでなく、洗剤や生活用品などとにかくなんでも揃うし、時間の節約にもなるので便利ですよね^^

じゃあ、冷蔵庫がオムニ家電としてどのような役割を果たすのか?というと・・

・ネットスーパーと連携し、その場で食材を注文
・スーパーの特売情報、ゴミ収集日の告知などの情報を表示する
・買ってきた食材のバーコードを読み取り、在庫状況をリスト化

すごいですよね・・だんだん頭を使わなくなるので脳が退化しちゃいそうでちょっとこわいぐらいです。

これが一般的になってみんなが使い出すと、人で賑わってるスーパーは閑散としてしまうのでしょうか。

ただ「目で見て買う」ということが楽しいこともありますし、どこまで使われるようになるかは未知数ですね。

ここまでの機能を搭載すると冷蔵庫自体の値段が高くなるんじゃないか?と不安になりますが、そこは今までの家電と違うところ。

連携しているネットスーパーやサービス側と売上を分け合うこともできるので、それが価格の引き下げにつながるのではないかとも予測されています。

冷蔵庫だけでなく、ペットの餌、コーヒーマシンなど実証実験中の段階にきています。これからはスマホがなくても家電があれば足りちゃう時代になるのかもしれません。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です