事務所に神棚をお祀りした

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

今日は事務所に神棚をお祀りしました。今まで神棚について調べるということがなかったのですが、いざ神棚を…となると、色々な疑問がわいてきます。

・どっちの方角が良い?
・お水とお塩とお米は毎日?水は普通の水?塩はどこの塩?お酒はどこのお酒?
・榊は毎日?
・お札はどこの神社?
・魂入れは?

などなど、とにかく知らないことばかりで、親に聞いたり親戚に聞いたり、ネットで調べたり。

宗教に入っている人はまた言うことが違ったり、とにかく色々な意見がありました。

まず、方角。北側に天照大神がいらっしゃって、そちらを向いてお祈りするので、神棚は人間が北を向くように南向き。南向きが無理なら、東向き。ということで、南側を向くようにお祀りしました。

そして、事務所は1Fで、2Fは他の会社が入っています。そのため「雲」という字を神棚の上の天井に貼りました。これは手で書いても、書かれた紙を買ってもどっちでも良いそうです。

お水と榊の水は毎日取り替え、1日と15日にはお神酒とお米とお塩。榊は造花のものもありましたが、スタッフの方の庭にご神木の梛の木があるからということで、梛の木を定期的に取ってきてくれることに。

そういえば、私の祖父は、毎日、歩いて15分ぐらいの裏山まで坂道を登って神棚の榊を取りに通っていました。ある時、木から落ちたことがあり、その時に「神様をみた」と言っていたのが印象的です。祖父は88歳の大往生で安らかに眠りましたが、神様のために毎日榊の木を取りに行っていたのがとにかく思い出に残っています。

話がずれました。

お札は、三社造の神棚ですが、神様1柱だけでも良いそうで、今は真ん中に伊勢神宮のお札をお祀りしています。右側は氏神様、左側は信仰する神社の神様ということですが、今は1柱だけです。

塩は何が良いのかよくわからないままですが、お相撲さんが土俵にまいているのが「伯方の塩」ということで、神様が関係していると思うので、すぐ手に入る伯方の塩を買いました。本当は天然塩が良いので、ネットで購入する予定です。

魂入れは丁寧なやり方ですが、やらなくても問題はないということで、信仰している神社は遠いですし、神主さんに来ていただくのは無理があります。大切なのはそこに神様がいらっしゃると信じる心だということで、魂入れはしていません。

肝心の神棚はネットで購入しました。お祀りする場所が狭いので、コンパクトなものです。今はモダンな神棚や、神棚に見えない神棚などもあって自由度が高いですね。

そして、奉納したお水やお米は炊いていただくという説もありますが、お供えしたものは神様が召し上がって「無」のものなので、いただくことに意味がなく、捨てなければいけない、という神主さんの話もありますし、大切にいただくという説もあります。

また、未婚者が食べると、縁遠くなるという話もあるようで、どれが正解かわかりません。私は既婚なので関係ないんですが^^;

ただ、捨てるのはなんとなく気が引けます。感謝の意味をこめていただくようにします。水は植木や花にあげることにしようと思います。

神棚に毎日手を合わせるだけで、気持ちが切り替わって「がんばろう!」という意欲も湧いてきます。毎朝、感謝の気持ちを伝えることも大事だなと思いました。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です