バイキングでやってた、おいしい酢飯の作り方

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

本日(10/27)にバイキングでやっていた、おいしい酢飯の作り方に衝撃を覚えたのでメモしておきます。

酢飯って何が難しいかっていうと、お酢と砂糖の割合、分量、入れるタイミング。そしてご飯と酢を合わせるときに一人だとうちわでパタパタできないので扇風機にあてたりしてやってます。

これをおいしくできる方法。(2.5合分の分量)

1.お米を研ぐ。
2.研いだお米に塩ひとつまみ、酢(すし酢ではなく、普通のお酢)を3~4杯ふりかける。
3.水の代わりにソーダ水をお米を炊く分量を入れて、炊飯器で炊く。

はい、これだけです!!

「ええっ!ソーダ水?!」と思いますが、ソーダ水の砂糖の分量が、酢飯にはベストな甘さだそうで、それに酢を加えて普通に炊飯ジャーで炊くだけなんです。

ソーダなんて気持ち悪~いというイメージを受けますが、炊きあがったご飯を食べたお客さんや江角マキコさんなどレギュラー陣は「おいしい!」といって食べてました。

これならうちわであおぐ必要もないし、手間いらずでちょうど良い甘さのおいしい酢飯ができそう!ご飯とお酢を合わせる桶も必要ないので、洗い物が増えなくていいですね♪

これなら、おいなりさんとか手巻き寿司、ちらし寿司など気軽にできそうです。今度チャレンジしてみます。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です