行ったところ 一覧

台湾っていいところ!

数年前に知り合いの台湾茶カフェのオーナーが新聞社の企画で茶畑と茶藝館を巡るツアーというのに参加したことがあります。台湾茶と言えば、梨山とか阿里山などまで行かないとないのかと思っていましたが、台北近郊にもあるんですね。
台湾の高級茶は高山茶を言われて、高地で栽培されています。

猫空(マオコン)という鉄観音茶の産地も高地にあり茶畑まではロープウェーで登りました。
そこには茶藝館もあり、台湾茶や茶葉を使った料理を満喫できます。
夜は台北に戻り、オーナーおススメの台湾料理を満喫しました。

台北市内の茶藝館やお茶屋さんを巡ったり、お茶尽くし旅でした。
中でも台北一の問屋街・迪化街は見るもの安くて見るものすべてがほしくなってしまい、ついついお買い物をしすぎてしまいました。
職場のお土産にはやはりパイナップルケーキを購入しました。

パイナップルケーキはお店によって味がまったく違います。
オーナーおススメの美味しいパイナップルケーキ(お店の名前は忘れてしまいました)を大人買いして帰国しました。
職場に配り、残りは冷凍しまいた。食べる時に常温で解凍すれば美味しく食べられます。

観光地巡りもいいのですが、2回目以降はお茶に特化した旅も楽しいものでした。

台湾にはいくつもの夜市が存在します。中でも規模が大きい士林夜市は、絶対に行ってほしいマストスポットです。観光客だけではなく、地元の方も大勢来る場所なのですごく賑わっています。士林夜市と言ったら有名なのが、巨大フライドチキンです。顔ぐらいありそうな大きなチキンをサクサクの衣で包んだフライドチキンは、美味しくて病みつきになる味です。本当にサイズが大きいので、二人や三人でシェアして食べるのがおススメです。

巨大フライドチキンのお店は、士林夜市の言わば入り口に位置しているので美味しいからと言って食べすぎには注意です。まだまだ中に美味しいグルメが待っています。
長い通りにたくさんの食べ歩きグルメがありますが、食事を楽しみたいという方には地下街がおススメです。ルーロー飯や炒め物がリーズナブルに楽しめます。小エビのフライやカキオムレツはお酒にも合うので、おつまみで困ることもありません。ちょっと洋風な食べ物も食べてみたいという方には、棺桶トーストがお勧めです。
食パンの中にシチューが入ったものを、油でカラッと揚げるという高カロリーメニューなのですが、これが何とも言えない美味しさなのです。サクサクのパンと、とろっとろのシチューに子供から大人まで思わず笑顔になってしまう程です。ちょっとした食べ歩きにも食事にも、是非一度は足を運んでほしい士林夜市です。

台湾といえばやっぱり九份ですよね。映画「千と千尋の神隠し」の舞台になったともいわれていて、日本人にも人気の高いスポットです。
九份には台北からバスで行くことができます。バスはトイレ休憩がないのに長時間走るので、トイレが近い人は注意が必要です。また、九份自体にもトイレは少ないです。公衆トイレが数箇所しかありませんし、日本に比べて汚いので潔癖な人は厳しいかなと思います。

九份はお茶がおいしいところです。有名な「阿国茶屋」は九?の名物で、台湾流のお茶を楽しむことができます。

九份に行くなら夜がおすすめです。なぜなら、九份の道には赤い提灯がずらっと吊り下げられていて、それが灯ると本当に幻想的な風景が見られるからです。ただ、帰りのバスには最終便があるのでそれをのがすとけっこう大変です。タクシーに乗るしかありません。タクシーは結構高いので、困ったときはそのへんの人と相談して相乗りするのもありだと思います。タクシーによってはサービスが悪いところもあるので気をつけてください。あと、九份までの道路は結構揺れますので、車酔いに弱い人は酔い止めを持っていったほうがいいです。台湾の九?はロマンチックてとてもステキなところなので、ぜひ楽しんでほしいです。
台湾でもスマホが大活躍でした。詳しくはこちらで→台湾でWi-Fiレンタルするならココがおすすめ!


山本譲二さんの敬老会コンサートに行ってきた

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

今、地域で女性部の部長というのをやっていて、市が主催する敬老の行事では毎年、有名人の方がいらっしゃいます。その敬老会に連れていくのが女性部長の役目です。

バスを借りて町内のご老人たちを引率していくわけですが、今年は山本譲二さんでした。もちろん、引率していく私も一緒にステージを観ることができます。

この歳になるとなかなかコンサートやライブに行く機会がないので、得した気分♪

まず、前座でよしもとの芸人さんが登場、その後は美川憲二(美川憲一さんの公認ものまねをする方なんだとか)さん。そしてその後に山本譲二さんの登場です!!

IMG_1497

ちょっとわかりづらいですが。実物は「思ってたより小さい!」というイメージ。顔がちっちゃい~と思いました。やっぱりテレビは大きく見えるんですかねー。

久々にプロの歌声をききましたが、やっぱりすごいわ~。オーラにも華がありますよね。ステージで何曲か披露したあとは、客席のほうに。

IMG_1492

IMG_1493

一人一人と笑顔で握手をしながら客席を歌ってまわっていました。さすがというかなんというかご老人たちのパワーはすごいです。特におばあちゃん・・

私は恐れ多くて握手も恥ずかしい感じなんですけど、おばあちゃんたちは握手を求めて端っこの席から端っこの席まで大移動。中には譲二さんが通りすぎてしまったら、衣装を引っ張るおばあちゃんも^^;すごすぎです。

そんなパワーにいやな顔ひとつせず、笑顔で握手をしていました。すごいなー。

そして、城之内早苗さんとのデュエット曲で本人登場!かとおもいきや・・

IMG_1496

はい、パネルでした(笑)

途中のMCも楽しかったし、なんといっても歌は素晴らしい!

最後は「みちのくひとり旅」でしたが、ちょっと咳き込んでしまったので、お詫びにもう1曲歌いますということで、「祭り」を。いやー、盛り上がりますね!!

IMG_1490

また客席のほうへ出てきてくれました。

女性部長になって、嫌だー。面倒くさいー。という気持ちがありましたが、こういう場に参加させていただけてよかったと思います。これはある意味、特権ですもんね^^

町内のご老人たちと仲良くなることもできたし、悪いことばっかりじゃないです。来年も女性部長やろうかな?ってちょっと思ったり(笑)ゲンキンだなー。


駿東郡長泉町・鮎壷の滝

今までうちの近くにありながら、行ったことがなかった鮎壷の滝。天然記念物に指定されています。

IMG_1690

1万年前に、富士山から流れてきた溶岩流を流れ落ちる滝だそうです。今まで「鮎壷の滝」という地名だと思い込んでいましたが、本当に滝があったんですね^^;

IMG_1680

滝の手前は公園になっていて、吊り橋があります。

IMG_1676

吊り橋を渡ると、そこも公園のようになっていて滝へ流れる川を見ることができます。

滝の裏側から望む感じですね。

IMG_1685

IMG_1691

とてもすがすがしく、周りがマイナスイオンであふれています。こんなところが近くにあったなんて。初めて足を踏み入れました。


警戒レベル2の中、箱根山の大涌谷に行ってきた

こんにちは。ゆこ(@5050yuko)です。

箱根山の大涌谷、噴火警戒レベルが2に下がりましたが、ギリギリのところまで行ってきました。

ちなみに、大涌谷はこの辺りです。

⇒大涌谷の場所はここ(楽天たびノート)

まずは大涌谷目指していきましたが、大涌谷へつながる734号線の手前で通行止め。そこから先へは行けませんでした。

IMG_1320

バリケードがはられていて先に進めません。ここでみんなUターンしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

通行止め地点から別の道へ。すると、まわりが白っぽく、もやのようになる場所がありました。道路に車がちらほらと停まっています。みなさん写真を撮っているようです。

すると、ありました!煙が出ているところが。「立ち入り禁止」の看板が見えます。

IMG_1318

IMG_1321

IMG_1324

硫黄の臭いもかなりしてます。

もう少し下に進んでいったら、テレビの取材がきてました。フジテレビだそうです。インタビューをうけそうになったので逃げました(笑)

IMG_1331

道のあちこちから噴気がふきだしていて、このような看板もあります。

IMG_1332

道路のすぐ下のほうからもくもくと湧き出ていて、霧がかかったようになっています。

IMG_1333

当然、路線バスも通っていません。

IMG_1336

ロープウェイも止まってます。外国人の観光客の方が大涌谷目指してきたようで「Why?」とロープウェイの駅の係員さんに訪ねていました。

ロープウェイの駅の奥にはお土産屋さんがあり、そこは通常営業しています。そこで大涌谷の卵はさすがに売られていませんでしたが、真っ黒の卵まんじゅうを買っていくお客さんが多かったです。

お土産屋さんに併設された休憩所では、おそらくテレビ局のクルーであろう女性の方がノートパソコンを開いて仕事してました。

そこから更に景色が良くみえる場所に移動。みえました!

IMG_1329

煙がシューシューと吹き出しています。勢いよく噴出しているという感じ。普段はここまでの勢いがないので、もや~っと出ている感じなんですが、煙突から煙が出るようにもくもくと出ています。

まだ大涌谷まで行けた時は本当に外国の観光客の方のほうが圧倒的に多くて、かなり賑わっていましたが、現在は本当に閑散としてしまっていて寂しいです。

卵が食べられるのはいつの日か・・