気になるニュース 一覧

家電とネットが連動!オムニ家電ってどんなの?

来年、オムニ家電が大ブレイクするといわれています。

オムニ家電というのは、パソコンやスマホなど、通信機器ではない「家電」がインターネットに接続されている家電のことを指します。

今、一番実用化が注目されているのが冷蔵庫です。「食」はどの人にとっても絶対に必要なものなので、一番利用される機会が多いであろうということ、常に電源が入っていることから、いろいろな活用法ができるため注目されています。

今、私は買い物に行くことはかなり少なくなりました。ネットスーパーで注文することが多いですね。クレジットカード決済ができるし、無駄な買い物を防ぐことができるのでかなり活用してます。

重い物、かさばるものは全てネットスーパーで頼んでいます。しょうゆ、サラダ油、みりん、酒、砂糖などはまとめ買い。ティッシュペーパーやトイレットペーパーもそうですね。

食料品だけでなく、洗剤や生活用品などとにかくなんでも揃うし、時間の節約にもなるので便利ですよね^^

じゃあ、冷蔵庫がオムニ家電としてどのような役割を果たすのか?というと・・

・ネットスーパーと連携し、その場で食材を注文
・スーパーの特売情報、ゴミ収集日の告知などの情報を表示する
・買ってきた食材のバーコードを読み取り、在庫状況をリスト化

すごいですよね・・だんだん頭を使わなくなるので脳が退化しちゃいそうでちょっとこわいぐらいです。

これが一般的になってみんなが使い出すと、人で賑わってるスーパーは閑散としてしまうのでしょうか。

ただ「目で見て買う」ということが楽しいこともありますし、どこまで使われるようになるかは未知数ですね。

ここまでの機能を搭載すると冷蔵庫自体の値段が高くなるんじゃないか?と不安になりますが、そこは今までの家電と違うところ。

連携しているネットスーパーやサービス側と売上を分け合うこともできるので、それが価格の引き下げにつながるのではないかとも予測されています。

冷蔵庫だけでなく、ペットの餌、コーヒーマシンなど実証実験中の段階にきています。これからはスマホがなくても家電があれば足りちゃう時代になるのかもしれません。


ピアノを習うと頭が良くなる?

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

テレビでもおなじみ、脳科学研究の澤口先生の記事を見つけました。ピアノを習うことは脳を発達させるという実証データについてです。

塾、英会話、スポーツなどの習い事でHQ(人間性知能)の伸びはほぼ変化がないですが、ピアノを習っている子だけは、HQが突出して高いというデータがあるそうです。小学生100人でのデータです。

HQというのは・・・
・問題解決能力
・社会性
・創造性
など、人間の成功に関する全ての基礎になるものです。

また、これだけでなく「夢をもつ」ということにも大きく関わるそうで、夢への努力にプラスに作用し、大人になってから社会的に成功している人が多いのは、小さい頃に夢をもっていた子なんだとか。

アメリカの研究でも、夢をもっていた子は後に年収が高くなるというデータもあるそうです。

ピアノは両手で違う動きをしますが、これはバイオリンや他の楽器にもあてはまります。でも、ピアノだけがこの効果を発揮するそうです。

私は3歳からピアノを習っていて、今も弾いています。娘もピアノをずっと続けています。息子はピアノをやっていません。

偶然かどうかはわからないですが、娘は特に塾に行っているわけでもなく、勉強が好きなわけでもないですが、成績はそこそこ良いんです。一方、息子は全然ダメです(>_<)もともともっているものも関係するとは思いますが・・

私は3歳からピアノをやっていて、ずっと「ピアノの先生になる」という夢を持っていました。今は自分の意志でピアノの道にはいませんが、「夢のために努力する」というのは身についているかもしれません。

うちの親は厳しい人で、子供をほめるなんて滅多にしないのですが「根気強い、粘り強い」と親からも言われますが、これはもしかしたらピアノのおかげなのかもしれません。

確かに、ピアノをずっと続けている人って、なにか共通点を感じますね。私のまわりをみても、能力的に色々なことができる人が多いような気もします。

私はハマりこむとストイックにやってしまうほうなんですが、これは夢のために努力するという能力が身についているのかもしれません。

ピアノの練習って、本当にきついです。音大受験の時は、1日10時間ぐらいピアノ弾いてました。しかも、同じ曲をずっとやってるんですよ。考えられないですよね。

私は小学校の時から新幹線で音大の教授の家にレッスンに通い、1日2時間以上はピアノの練習をしていました。他の子たちが遊んでいるのをいつも羨ましく思ってました。

今でも子供の発表会で演奏させてもらっていますが、発表会の前は1日数時間はあたりまえ、休みの日は8時間とか弾いてる時もあります。曲って「完成した!」っていうときは絶対にこないですからね。追求しようと思えばキリがないです。

・・と話がそれてしまいましたが、今は定年後、ピアノをはじめる大人が多いそうで、ピアノは良い趣味だと思いますね。アップライトの中古だったら20万円ぐらいで買えるものもあります。

ボケ防止にもピアノが良いといいます。

脳って、使ってないからボケるんじゃなくて、いつも同じところを使ってるからボケるんだそうです。だから、いつも頭をフルにつかってるからボケない!というのは迷信だそうです。

ピアノは、普段ではありえない部分の脳を使うらしいので、ボケ防止にはかなり効果的なんだとか。

確かに、楽譜を読むだけでもかなり大変ですよね。それに加えて両手の違う動き。楽譜も、先へ先へと読んでいかなければピアノは弾くことはできません。知らないうちに色々頭をつかってるんだな~と思います。


ベランダ・グランピングで「おうちアウトドア」

今までベランダは、洗濯物を干すだけの空間でしたが、これからは「ベランダごはん」が流行りそうな気配です。

アウトドアは外に出るから荷物や移動が大変、家の中では煙が出るからバーベキューができない・・そんな2つの悩みを解消しているといえますね。

自宅の快適性と、アウトドアの開放感を両立できるのがベランダごはんというわけです。

マンションではベランダでは火は使えないので、実際に使うのは調理家電です。手軽に燻製がつくれるロースター、バーベキューができるレディグリルなど、アウトドアに対応する製品が増えています。

あとは、防水性のある屋外用家具。スノーピークやコールマンでは今開発を強化しているということで、ベランダを快適に過ごせるグッズが次々と登場する予感。

マンションでも、アウトドア要素を取り込む動きがあり、1階のテラスと専用庭で「半ソト」と呼んでいて、テントなどを備えるマンションを開発しています。

我が家のウッドデッキ


我が家はマンションではないですが、1階に6畳のウッドデッキスペースがあります。

なぜそうしたかというと、モデルルームがそうなっていたからです^^;当時から「半ソト」の動きはあったということでしょうか。

リビングと床の高さがあまり変わらず、窓を全開すれば、ウッドデッキもリビングの一角であるかのようなスペースができます。

我が家はウッドデッキに屋根がないので、タープを屋根代わりに貼ってます。「これでバーベキューができるぞ!」と思っていましたが、バーベキューって炭を用意したり、後片付けが大変だったりと大変なのでだんだんやらなくなりますね(汗)

子供のお友達が泊まりに来たりするとそこでカレーを食べてみたり、気分転換にはもってこいです。お友達も喜びますしね^^

あとは、夕飯の支度が面倒な時は肉だけあればバーベキューができます。最近は、ホットプレートでお肉を焼くバーベキューをやりますね~。コンセントも気軽に使えるのが「半ソト」の良いところだと思います。

本格的なアウトドアグッズを用意しなくても、家にあるものが使えるのも強みなので、気軽にアウトドアが楽しめるのは良いですね。

そもそも「グランピング」とはどういう意味なのかというと、「グラマラス」+「キャンピング」を組み合わせた造語です。高級感があり、日本では、手軽に楽しめるアウトドアという意味で使われているようです。

ショップジャパンの「レディグリル」は欲しい!はさみ焼きができるからヘルシー♪はさんで焼くことができて、とうもろこしやさんまもまるごと焼けるので、まさにバーベキュー。

gril

コンパクトだし、いいかも☆


日本初上陸!シェイクシャックは3時間待ち

アメリカで人気のハンバーガーチェーンの「シェイクシャック」が11/13日に明治神宮外苑内にオープンしました。

シェイクシャックは2004年にニューヨークで創業したハンバーガー店で、世界9ヶ国で67店舗を展開しています。

抗生物質や成長ホルモンを与えない牛肉をつかい、健康志向の人に人気だとか。

スターバックスの日本進出を手がけたサザビーリーグが誘致し、日本に初上陸しました。

日本では、新しいお店ができると長蛇の列になりますね。アメリカの人からすれば、健康に良い日本食を食べられる日本人が、どうしてファストフードのお店に並ぶのか理解しがたいようですが^^;

現在はオープンしたばかりなので、3時間待ちだそうです。そういえば、地元にクリスピークリームドーナツがオープンした時は4時間待ちでした。

そして現在はというと・・誰も並んでいません(笑)あの行列は何だったのかという感じです。

さて、シェイクシャックですが、まず行ったら何を頼もうか、最初にリサーチしておいたほうがいいですね。

注文したあとに後悔しないよう、あらかじめ決めておいたほうが良いでしょう。

特に今は何時間も並ばないと食べられないので(>_<)、慎重に考えたほうがいいかもしれません。

おすすめは「シャックスタック」というハンバーガー。チーズバーガーに「シュルーム」というオリジナルの具が入っていて、このオリジナルの具が最高においしいらしいです。

そしてもうひとつは、ハンバーガー店でありながら飲めるオリジナルのビール「シャックマイスター」。このビールはシェイクシャック用にブレンドされたビールでです。

ちなみに、パテは300円でダブルにできるそうですが、できればダブルにするのをおすすめします。

2020年のオリンピックまでに食べられるといいな~^^


無充電スマホが登場するかも?!

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

スマホはどんどん進化していきます。ソニーのスマホは4K液晶を採用、iPhoneはモデルチェンジのたびにCPUの性能が向上しています。

この進化は著しいですが、そこでデメリットが出てきます。それは、電池の消費量が多くなること。スマホの機能が進化すればするほど、消費電力は大きくなるわけです。

私は今iPhone5Sを使っていますが、iPhone6や6Sに変えた人の声をきくと「充電時間が短くなった」「電池の持ちが悪い」という声が多く、それなら5Sのままでいいや~と、いまだに変えていません。私の5S、もう2年ぐらい使ってますけど、電池の持ちはピカイチですね。ゲームを何時間もやらなければ、2日もちます。

6Sは画面が大きくなった分、電池の消費量も増えると思います。このように、電池がもたないから機種変更しないという人もいるんじゃないでしょうか。

この問題はもちろん、スマホ業界でも研究中で、もしかしたら充電しなくていいスマホが登場するかもしれない!とのことで、楽しみです。

しかも、来年の2016年には実用化するかもしれないそうで、その1つは、透明な太陽電池。ガラスのように薄い透明な太陽電池なので、ディスプレイとタッチパネルの間に挟んで使うことができるというすごいものです。

さすがに充電まったくなしというのは無理みたいですが、低いスペックの小型スマホなら、太陽電池だけの充電だけで使い続けられる、まさに「無充電スマホ」になる可能性があるとのこと。

この技術が実用化したらすごいことになりますね。携帯のバッテリー業界が大きく変化することは間違いないです。

それともうひとつは、燃料電池というもので、車などには使われています。すでにiPhoneの内蔵バッテリーと同じサイズの燃料電池が開発されたようで、アップルとの共同開発をしているようなので、近い未来にはiPhoneに燃料電池が採用されることがあるかもしれませんね。

燃料電池は、充電のための水素燃料を外付けカートリッジなどで提供する必要がありますが、1回の充電で1週間近く充電しなくても良いぐらいになるようです。

スマホだけでなく、タブレットやノートパソコン、ゲーム機などの電池が変わったら、電気代の節約になりますよね。

我が家では、とにかく何台も常に充電している状態です。この電気代だけでいくらかかってるんだ・・という感じですが^^;

携帯✕4台、3DS、キッズ携帯、WiiUのコントローラー、ノートパソコン、デジカメ、ビデオカメラ・・・出かけるときは充電するためのバッテリーの荷物がとにかく多くて一苦労です。

電子機器がこれだけ普及してくると、電池が改良されたら革命になりますね!


1 2