神社にまつわること 一覧

事務所に神棚をお祀りした

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

今日は事務所に神棚をお祀りしました。今まで神棚について調べるということがなかったのですが、いざ神棚を…となると、色々な疑問がわいてきます。

・どっちの方角が良い?
・お水とお塩とお米は毎日?水は普通の水?塩はどこの塩?お酒はどこのお酒?
・榊は毎日?
・お札はどこの神社?
・魂入れは?

などなど、とにかく知らないことばかりで、親に聞いたり親戚に聞いたり、ネットで調べたり。

宗教に入っている人はまた言うことが違ったり、とにかく色々な意見がありました。

まず、方角。北側に天照大神がいらっしゃって、そちらを向いてお祈りするので、神棚は人間が北を向くように南向き。南向きが無理なら、東向き。ということで、南側を向くようにお祀りしました。

そして、事務所は1Fで、2Fは他の会社が入っています。そのため「雲」という字を神棚の上の天井に貼りました。これは手で書いても、書かれた紙を買ってもどっちでも良いそうです。

お水と榊の水は毎日取り替え、1日と15日にはお神酒とお米とお塩。榊は造花のものもありましたが、スタッフの方の庭にご神木の梛の木があるからということで、梛の木を定期的に取ってきてくれることに。

そういえば、私の祖父は、毎日、歩いて15分ぐらいの裏山まで坂道を登って神棚の榊を取りに通っていました。ある時、木から落ちたことがあり、その時に「神様をみた」と言っていたのが印象的です。祖父は88歳の大往生で安らかに眠りましたが、神様のために毎日榊の木を取りに行っていたのがとにかく思い出に残っています。

話がずれました。

お札は、三社造の神棚ですが、神様1柱だけでも良いそうで、今は真ん中に伊勢神宮のお札をお祀りしています。右側は氏神様、左側は信仰する神社の神様ということですが、今は1柱だけです。

塩は何が良いのかよくわからないままですが、お相撲さんが土俵にまいているのが「伯方の塩」ということで、神様が関係していると思うので、すぐ手に入る伯方の塩を買いました。本当は天然塩が良いので、ネットで購入する予定です。

魂入れは丁寧なやり方ですが、やらなくても問題はないということで、信仰している神社は遠いですし、神主さんに来ていただくのは無理があります。大切なのはそこに神様がいらっしゃると信じる心だということで、魂入れはしていません。

肝心の神棚はネットで購入しました。お祀りする場所が狭いので、コンパクトなものです。今はモダンな神棚や、神棚に見えない神棚などもあって自由度が高いですね。

そして、奉納したお水やお米は炊いていただくという説もありますが、お供えしたものは神様が召し上がって「無」のものなので、いただくことに意味がなく、捨てなければいけない、という神主さんの話もありますし、大切にいただくという説もあります。

また、未婚者が食べると、縁遠くなるという話もあるようで、どれが正解かわかりません。私は既婚なので関係ないんですが^^;

ただ、捨てるのはなんとなく気が引けます。感謝の意味をこめていただくようにします。水は植木や花にあげることにしようと思います。

神棚に毎日手を合わせるだけで、気持ちが切り替わって「がんばろう!」という意欲も湧いてきます。毎朝、感謝の気持ちを伝えることも大事だなと思いました。


富士山本宮浅間大社にお参りに行ってきた

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

静岡県富士宮市にある、富士山本宮浅間大社にお参りに行ってきました。かわいい御朱印帳を購入した(⇒詳しくはこちらのページ)ので、初めてのページの御朱印はここでいただこうと決めていました。

参考:富士山本宮浅間大社のサイト

東名高速道路の冨士インターを降りて西富士道路へ。真正面に、富士山がとてもきれいに見えました。

IMG_1724

到着すると、駐車場がありますが、参拝の方は30分間無料です。

注意しなければいけないのは、手前の駐車場に停めると、一番はじめの鳥居(一之鳥居)の裏側なので、車から降りたら、一旦歩いて戻ってまず鳥居をくぐりましょう。鳥居はとても大きいのですぐにわかります。

IMG_1804

 

IMG_1807

 

この鳥居をくぐると横断歩道があります。ここを渡って中へ進みます。

IMG_1806

 

中へ続く道です。石畳の道が続いています。

IMG_1801

 

そして次の鳥居(二之鳥居)がみえます。この鳥居の左右には狛犬と獅子が鎮座しています。

IMG_1796

 

鳥居をくぐって進むと、鉾立石が祀られています。

IMG_1735

 

鉾立石がある階段をのぼると、左手に手水舎があるのでここで清めていきましょう。私は最初、気付かずに楼門をくぐってしまいました^^;

IMG_1737

IMG_1742

 

手水の作法が書かれた看板があります。

IMG_1740

 

手水舎の向こう側に、楼門があります。

IMG_1734

 

楼門の左右には絵馬の形をした看板があります。

IMG_1732

IMG_1736

 

楼門をくぐると、拝殿が見えてきます。

IMG_1727

 

楼門をくぐって左手に、おみくじがあります。

IMG_1728

 

右手には社務所。こちらで御朱印帳、御朱印をお願いできます。

IMG_1730

 

私が行った日、結婚式を挙げていました。おめでとうございます。

IMG_1793

 

お参りをして、湧玉池のほうへ。お水を汲みに行きます。社務所のほうから湧玉池には行けたようですが、初めてだったのでわからず、東鳥居のほうから行きました。

IMG_1733

 

東鳥居からみた湧玉池の反対側。川の水がとってもきれいです。

IMG_1743

 

湧玉池の石碑。

IMG_1745

 

湧玉池は、約1万年前に噴火した富士山から噴出した溶岩流の末端にあります。富士山の湧き水の中でも規模が大きく、学術上でも貴重な池だそうです。

IMG_1750

 

とにかく水が済んでいてきれいです。中に生えている水草、鯉が泳いでいる姿がそのままみえます。ガラスを通して見ているような透明度に驚きました。

IMG_1754

 

IMG_1756

IMG_1758

IMG_1759

IMG_1760

IMG_1762

 

お水を汲むところがみえました。

IMG_1764

 

IMG_1766

IMG_1768

IMG_1770

IMG_1772

IMG_1774

IMG_1775

 

ここで、湧玉池のお水を汲むことができます。

IMG_1777

 

竹の筒から水が流れていて、ひしゃくが置いてあるのでここでいただくこともできますね。

IMG_1779

IMG_1775

 

こちらの脇には空のペットボトルが置いてあり、1本につき200円をおさめてペットボトルにお水を汲みます。

IMG_1782

IMG_1786

 

私は何も知らずに、あまりにも水がきれいだったのでその場で少し飲んでしまいましたが(汗)、このような看板がありました。天然水なので、煮沸してからご利用願います。ということです^^;

IMG_1788

 

御霊水をいただいたところで、帰路へ。富士山がきれいにみえました。

IMG_1812

 

いただいた御霊水はしっかりと煮沸して、またペットボトルへ。このお水はこのまま飲んでもよし、コーヒーやお茶をたてても良いそうです。

IMG_1817

 

御朱印帳に、御朱印をいただいてきました。嬉しい^^

IMG_1822

 

初めて参拝しましたが、冨士山のパワーをもらえました。感謝です。


かわいい御朱印帳を買った

こんにちは、ゆこ(@5050yuko)です。

最近、神社へよくお参りに行くので、せっかくだから御朱印をいただこうと思い、まずは御朱印帳から、ということで御朱印帳を色々探しました。

せっかくの御朱印帳なので、かわいいデザインのものがいいな~と思い、御朱印帳を色々みていると、たくさんデザインがかわいいものがあるんですね。迷ってしまいます^^;

神社オリジナルの御朱印帳も、かわいいものがありました。

櫻木神社の「女子力御朱印帳」1,500円(税込)
goshuin1
「女子力御朱印帳」という名前がすごいです。女子力がつきそうな御朱印帳ですね。

鶴岡八幡宮の御朱印帳
turu
鶴岡八幡宮は私が小さい頃よくお参りに行っていたところなのでご縁を感じます。淡い色合いがなんともいえません。

御朱印帳 60ページ ブック式 ビニールカバー付 ちりめん 水色
amazon
ちりめんの風合いが素敵ですよね。

●楽天から

鮮やかなコントラストが素敵。黒地の御朱印帳は重みがあります。

白地にかわいい花模様がやさしい印象でかわいいです。

 

POPな感じの御朱印帳ですが、デザインは和が基調になっていて、人とかぶらなそう。

どれもこれもかわいくて迷ってしまいますが、選んでいるときって楽しいですね♪

そして結局、楽天ショップのkichijitsuというお店のがかわいくて、あまり人とかぶらないかなと思ったので、kichijitsuさんの御朱印帳に決めました。

御朱印帳のデザインは全部で10種類。

gochuin
うーん、かわいすぎる。

どれにしようか本当に迷いました。

まずは富士山だろうということで、下の段の一番左の「123(フジサン)」が良いかなと思いましたが、レビューなどをみてみると人気のようで、品切れの時が多く、届くのに時間がかかることもあるとか。

私はほしい!となったらすぐにほしくなっちゃうので、すぐに届くほうを優先しました。

次に候補にあがったので、「梅(梅とウグイス)」か、「竹(竹とトラ)」です。

「梅(梅とウグイス)」は色合いがきれいで、パッと見たときに落ち着く感じ。ただ、これもレビューをみると、色合いが思ったよりも落ち着いていた。ということで、この写真が鮮やかなのかもしれません。

「竹(竹とトラ)」はデザインがかわいくてひと目で気に入ったのはもちろんですが、私がトラ年なので、いいなーと思いました。竹もぐんぐん伸びて成長するという意味もあるので、それもいいなと。

そして迷いに迷ったあげく、「竹(竹とトラ)」に決めました!

私が購入した御朱印帳はこれです↓

翌々日、御朱印帳が届いた!

そして注文して次の次の日。待ちに待った御朱印帳が届きました!!

表紙
IMG_1818

後ろの面
IMG_1819

かわいい~♪持ち歩くだけで満足しちゃいますね^^

最初のページは、富士山をご神体にもつ、富士山本宮浅間神社と決めていましたのでさっそくいただきに行ってきました。※富士山本宮浅間神社の様子は別の記事に書いています。

こちらが最初にいただいた御朱印です。嬉しいー^^

IMG_1820

御朱印は300円。まだまっさらな御朱印帳だったので、受付の巫女さんに「こちら側からでよろしいですか?」と聞かれました。

御朱印をお願いしている時、となりの受付では御朱印帳を購入している人がいました。富士山浅間神社にはオリジナルの御朱印帳があったのを知りませんでした。

思わず、購入しようかと思いましたが、この御朱印帳がうまってからにしよう。また来ればいいしな。と思い、その場では購入せずに帰りました。

かわいい御朱印帳を探している方は是非参考にしていただければ幸いです。